Aグレード(優良株)のユーフォルビア・フランコイシーを見分ける基準は?

ユーフォルビア・フランコイシーは、交配が進んで次々に最新作が生み出されています。

フランコイシーはコレクション性があるので、栽培にチャレンジしたい方もいるかもしれません。

ただ、どんな株が観賞価値があるのか?購入したい株が実際の価値に見合っているか?など気になりますよね。

私もグレードの分類基準を知ってから、どんな株を選んだら良いのかわかってきましたので、シェアしたいと思います。

Aグレード(優良株)のフランコイシーを見分けるポイント

まずは葉の形状をチェックしましょう。

Aグレードの葉は幅広が基本になっています。

DSCN9715幅広の葉を持つ株

 

thumbnail_IMG_2117細長い葉を持つ原種

なぜ、葉の形状が最重視されるか?

交配において色彩や葉脈よりも、葉の形を作出するのは困難です。何世代にもわたり交配を繰り返し、気の遠くなるような努力の結果、ようやく現在のような幅広の形状になりました。

フランコイシーのハイブリッドの世界で、最も著名で権威のあるリトルワン・プランツ・ナーセリーの園主、レック氏は広い葉を持つフランコイシーを、上位のグレードの株に分類しています。

フランコイシーを選ぶ際のポイントを5つあげます

  • 葉の形状が幅広
  • 特色ある葉脈や葉色
  • 全体の葉がコンパクトに詰まっている
  • 株全体に統一性がある
  • 自分の好み

あくまでも、レック氏の基準です。他の方は違う基準を持っているかもしれません。

thumbnail_IMG_2129

ユーフォルビア・フランコイシーの鑑賞方法の動画

リトルワン・プランツ・ナーセリーのYouTube動画で、素晴らしい特徴を持つ株について解説しています。日本語字幕を担当しましたので、宜しければご覧ください。

Follow me!