飛躍的に進化したフランコイシーのハイブリッドの世界

今日ご紹介するのは、ユーフォルビア・フランコイシーの原種と、交配を重ねたハイブリッドの違いについてです。

ユーフォルビア・フランコイシーは、マダガスカルに自生するトウダイグサ科の種です。

タイでは、熱心な育苗家により交配が行われており、何世代もの交配を経て、フランコイシーの多様性が生み出されました。

画像とともに、原種とハイブリッドのフランコイシーの違いを見てみましょう。

 

原種のフランコイシー

thumbnail_IMG_2117

葉が細長く、葉色も暗く素朴

 

フランコイシーのハイブリッド

 

幅の広い葉が基本です。色彩も赤、ピンク、グリーン、黒とはっきりした特色があります。

原種に比べ葉脈も変化しています。

 

thumbnail_IMG_2124

葉脈は赤っぽく、所々に斑が入ってます。

 

 

thumbnail_IMG_2125

白い葉脈と爽やかなグリーンが美しいホワイト・ゴースト

 

 

thumbnail_IMG_2129

葉の形状はまあるく進化しています。

 

 

DSCN0052

アイビーのような葉

 

多様性があり、眺めていてワクワクしますね。今後も、フランコイシーの栽培のポイントや、楽しみ方についてご紹介していきます。

Follow me!