フィールドナンバーとは?

こんにちは。今日ご紹介するのは

「フィールドナンバー」についてです。

フィールドナンバーはサボテンやコノフィツム、リトープスでは特に重要視されています。

 

フィールドナンバーとは?

マザープランツすなわち種子を採集した親株の自生地の状況や情報がつぶさに記録され、その情報を検索できる番号です。

 

フィールドナンバーから取得できる情報

記録されている情報は多岐にわたり、例えば採集人(プランツハンター)、採集場所、標高、採集日、特徴などです。

 

例えば、緋牡丹 ギムノカリキウム フリードリッヒ LB2178の 

フィールドナンバー LB2178から以下の情報が入手できます。

実際に検索エンジンにLB2178を入力してみましょう。

採集人(プランツハンター): C.A.Ludwig Bercht
学名: Gymnocalycium friedrichii
採集場所:   Agua Dulce, Alto Paraguay, Paraguay
採集した年: 2000

Gymnocalycium friedrichii LB 2178

 

ラフレシアリサーチが今回出品する種子の一つである、
「Ariocarpus trigonus v.minor PP 427」からは、
以下の情報が取得できます

採集人(プランツハンター): Pavel Pavlicek
学名: Ariocarpus trigonus ssp. minor
採集場所: Jaumave, Tamaulipas, Mexico

 

このような情報をたよりに、自生地の降雨量や環境を再現したり参考にして栽培環境を整えることは園芸の極みといえるのでは
ないでしょうか?

フィールドナンバーの検索エンジン

http://www.cl-cactus.com/

検索エンジンにかけても、こちらのデーターベースに登録されていない
フィールドナンバーもあります。

データーベースは、様々な人が作っていますので

見つからなかった場合は複数のデーターベースにアクセスしてみては

いかがでしょうか?

Follow me!