Agave xylonacantha `Blue`

こんにちは

Agave xylonacantha `Blue`

(アガベ・キシロナカンサ ’ブルー’)のご紹介です。

学名:Agave xylonacantha Salm-Dyck, Bonplandia (Hannover)7: 92 (1859).

和名:酒呑童子とか木刺竜舌蘭

解説

最大で直径180cmまでのロゼット状の草姿で、葉は長さ90cm、長さ7.5cmの刀形

葉の先端に3 cmまでの棘があることで葉の淵が波状の外観になります。

標本株は通常は単幹、ときには株立ちもみられます。

学名の種小名(キシロナカンサ)の由来 

ギリシャ語のキシロ(xylo)木
アカンサ(acanth)トゲを意味することから、

学名の種小名は目立った棘と、木質の鋸歯に由来しています。

自生地

メキシコの各州(Hidalgo, Tamaulipas, Guanajuatoand Queretaro)

に自生する強健なアガベ。
石灰岩の割れ目や穴で見られます。
メキシコのヒダルゴ州の中部、標高1280-1900メートル。

栽培について

耐寒性はまだ定まっていません。
イギリスの栽培者によると-5℃では枯れず、
一方で、北カリフォルニアで-8℃で枯れたとの事。

おそらく、zones 8a-11 と考えられています。

Follow me!