Agave parryi ssp. neomexicana

こんにちは
Agave parryi ssp. neomexicana (Agave neomexicana)

のご紹介です。

解説

元々はAgave neomexicanaと記述されていたニューメキシコアガベです。
1992年にドイツのアガベ研究者であるBernd Ullrich氏によって
Agave neomexicanaは,Agave parryi の亜種として整理されました。

ニューメキシコアガベは小型種です。
ロゼットのサイズは 高さ30-45㎝、 幅40~60㎝
葉色は灰色がかったブルー。 葉の形は剣状である。

亜種のAgave parryi ssp. neomexicanaと変種のAgave parryi var.cauesii

サイズも同じで判別が困難です。

自生地について

アメリカ、グアダルーペ山脈の
Mckittrick 渓谷の近くの草原に自生しています。
標高は1600~2100メートル。 

栽培

春の終わりに、開花します。 花茎は天に届きそうな高さになります。

花序は極めてカラフルで、赤またはオレンジの蕾が見られ、

開花はキラキラ輝く山吹色である。

耐寒性は強く、-18度まで耐えます。
zone 7a-11と考えられています。

我が家の実生株です↑(種子からおよそ1年半経過)

 

参照元:Howard Scott Gentry “Agaves of Continental North America”

               Agaves Living sculptures for landscapes and containers

Follow me!