Agave impressa

こんにちは、ラフレシアリサーチのスタッフです。

今日はAgave impressaについてです。

解説

小型から中型の単幹
学名の impressa はラテン語のimpressas」

すなわち〔図案や型を〕プリントする、押し付ける、刻印する 

という意味があります。

葉っぱ同士がお互いに押し付けられて、成長後に葉っぱを開放するときに

まわりの葉の淵の模様が押し付けられて残ります。

英語では、このような葉を、bud-printed leaves と呼びます。

欧米では  Agave impressaは、Bud-Printed Leaves Agave と呼ばれています。

他のアガベとは類縁関係がなく近い種類がない、独立した種です。

左右対称のロゼットが、白い線状のマークがついた、明るいグリーンで、

気品のあるプロポーションを持った葉です。

あまり尖っていない鋸歯とトゲが、他のアガベにはない特徴です。

 

自生地

メキシコEscuinapa から東に20キロにある崖の草原に見られます。

標高は100~300メートル

熱帯地域で夏は暑く雨量が多く、冬は温暖で乾燥している地域。
火山岩の開けた森林地帯。

栽培

多くの小さい苗は、暖かいフロリダ州 マイアミの庭園には導入されましたが、

アメリカ合衆国カリフォルニア州 サン・マリノに位置する

Hungtington 植物園では育ちませんでした。

育てるのが難しく、霜に非常に敏感であることは間違いありません。

現在の我が家のアガベは、葉っぱの色が、黄色味がかったパステルカラーで
他のアガベにはない色です。

我が家の実生苗↑

このアガベの特徴である、bud-printed leavesと白い線の状態にはなっていません。

参考文献:Agaves of Continental North America by Howard Scott Gentry

Follow me!