Agave gypsophila

こんにちは。

今日ご紹介するアガベは、

Agave gyphsophila( アガベ ジプソフィラ)です。

解説

小型だが、横に広がるタイプのアガベです。
葉は非常に脆く、ふちが波打っているのが特徴です。

アガベの中では非常に変わった姿で、
風変りな特徴のあるアガベです。

自生地

メキシコのコリマ州の南西21km~24kmにある
Gypsiferous(石こうが含まれている)土壌の丘

標高は400メートル

岩石の多い森の林床に生えています。

個体数が少ない為、見つけるのが困難です。

 

 

種小名の由来

種小名 gyphsophila は、石こう質の層に浅い根を這わせるタイプのアガベ

であることから、gypsum formation(石こう質の層)が名前の由来です。

ちなみに、gypsum は 骨折した時に使用する「ギブス」です。

ドイツ語 Gips (石膏の意)に由来します。

栽培

霜に耐寒性はありません。

アメリカ合衆国、アリゾナ州のフェニックスやカリフォルニア州のマリエータ に導入されましたが、-8~ー4の寒さで枯死または深刻なダメージがありました。

参考文献:Agaves of Continental North America by Howard Scott Gentry 

Follow me!