Agave colorata Gentry

こんにちは。ラフレシアリサーチのスタッフです。

今日からアガベを少しづつご紹介します。

まずは、MESCAL CENIZAと呼ばれる アガベ コロラータ

アガベコロラータ の和名は、武蔵坊

 

自生地について

海抜0メートルから300メートルの間で 海岸沿いの有棘林に自生しています。

メキシコのソノラ州の南部、シナロア州の北部に分布しています。

アガベコロラータには、2つの形態があります。

一般的に栽培されているのは、葉が短くて匙のような形をしています。

もう一つは、比較的、葉が長く短剣状をしています。

 

栽培方法

耐寒性は、-7度~-8度。zone 8b-11 と考えられています。

成長の速度は、中程度からゆっくりです。

成長時期の水やりの頻度によって多少変化します。

成株になるまでは、数年を要するでしょう。最高な状態に仕上げるには、全日照下で管理し、

水やりは控えめにして締めて育ててください。

そのように育てることで、ロゼットがよりコンパクトになり、

葉の色も、フロスティーブルーになります。

更に、葉にはcrossbandingと呼ばれる積層状の縞模様が現れます。

アガベコロラータは乾燥に非常に強いため、夏場は適度な水やりが必要ですが、秋から冬にかけては水はきってください。

用土は特に選びませんが、水はけの良さは重視してください。

 

Follow me!