Agave asperrima

こんにちは。ラフレシアリサーチのスタッフです。

今日ご紹介するのは、アガベ アスペリマ。

Agave scabra がシノニムです。

名前の由来はラテン語の「asper」 =「粗い」
葉っぱの表面が紙やすりのように粗いの

で、それに由来しています。

自生地について

メキシコのチワワ砂漠の広い領域に分布しており、

標高1200メートルから2100メートルに主にみられます。

この種は、チワワ砂漠の道のあちこちで見られます。

解説

4種類の亜種に分類されます。

Asperrima ssp. asperrima
Asperrima ssp.maderensis
Asperrima ssp. potosiensis
Asperrima ssp.zarcensis

Asperimaの4つの亜種は形態にかなり差があります。

一般的に単体のロゼット状で、葉っぱの数は少なく、ロゼットが開いた姿が
乾燥地帯の景色を作りだしています。

葉は通常ブルーグレー、グレーがかったグリーン、

または青みがかったグリーン。

葉っぱの断面が深く折れて溝があります。

表面は紙やすりのようです。

↑我が家の実生苗。既に表面がザラザラし、葉が折れて溝を作り

特徴が表れています。

栽培について

Agave asperrima は強健な種とみなされています。
zone は 8a-11 と考えられますが、
標高や栽培環境により多少前後します。

成長速度はゆっくりです。開花サイズに至るまでには数年かかります。

アスペリマは、最も乾燥につよい種の一つです。
一度根付いたら、年間降水量は250mmでも大丈夫です。

夏場に水を与える場合は、用土が乾燥してるのを確認して

補助的に与える程度で十分です。

過湿にしておくと、根腐れしてしまいます。

直射日光で育てるのがベストです。

遮光するとロゼットが開き締まった姿に育ちません。

用土は問いません。

園芸品種について

園芸品種で有名な Agave `Sharkskin`(シャークスキン)は、

asperrima とnickelsiae の交配によって作りだされました。

Follow me!